【成り上がり映画が面白い!】1位はマニア目線かも!おすすめどん底から這い上がる映画7選

2019年5月2日

成り上がり系映画が好きな理由

僕は小さい頃から映画が大好きで、小学生の頃はランボーやジャッキーチェンの映画やロッキーなどよく金曜ロードショーや日曜洋画劇場でやっていた映画に釘づけになってみていました。部屋には映画の主人公をプリンターでカラー印刷したものを貼りまくり、ロッキーのマネをして部屋にロープをはってシャドーボクシングをしていたことを思い出します。
そして大人になると社会のことも昔より分かるようになってきて、大人の世界を描いたような映画に夢中になっていきました。そのなかでも特に心揺さぶられるのが成り上がり系の映画です。映画の始まりは、人生のどん底で貧乏でどうしようもないところからスタートして、だけども心の中には野望があって周りにバカにされても己を信じて、野望を現実に実現させていく物語は見ていてワクワクどきどきしてしまいます。自分も昔はロックバンドのクイーンが大好きで、楽器を練習して友達と世界一のバンドになると語っていた頃が懐かしくなります。だからこそ映画の主人公のように、夢に一直線に信じて、他人と違うことを恐れず自分のアイディアを実行して次々と駒を勧めていくのは羨ましくもあり、勇気つけられます。
起業家を目指す人は成り上がり系の映画は好きなのではないでしょうか。お金持ちになりたいと言うと、周りは無理だ無理だといわれるでしょう。普通より倍稼ぐとなれば、普通の人とは違う考え方行動をしないといけませんしね。なので、こういう映画は、自分は間違っていないんだ。皆が無理だといっても自分を信じていればいいんだと、心の支えにもなりますね。

ロード・オブ・ウォー

作品名:ロード・オブ・ウォー
監督/脚本:アンドリュー・ニコル
出演者:ニコラス・ケイジ
予告動画Youtube

この映画を見たのは確か深夜2時くらいにテレビでやっていたのをたまたま見ていて、そのまま食い入るように見ていたのが初めです。その時は途中から見たのですが、なぜかもう一度見たいと思ってわざわざレンタルしてもう一度はじめから見てやっぱりすごく面白かったと思いました。
ニコラス・ケイジが武器商人で成り上がる話しなんですが、裏の世界をのぞき見しているような感覚になり食い入るように見てしまい戦争を舞台にしているため、残酷なシーンや、苦渋の決断を強いられる場面で、ニコラスが演じる惹きつける演技がなおいっそうこの映画のよいところです!
どん底から成り上がるまでトントン拍子で進むことなんですがこの映画はストーリーの進み具合が抜群のテンポです!
ニコラスケイジって人間味のある表情がなんとも絶妙で全然イケメンでかっこよくないんですが、なんか色気がありいい男なんですね。

ウルフ・オブ・ウォールストリート

作品名:ウルフ・オブ・ウォールストリート
監督: マーティン・スコセッシ
出演者: レオナルド・ディカプリオ
予告動画Youtube

ディカプリオがアドレナリン全開に演じる成金男が見ていて超爽快な映画です!
映画の冒頭あたりで証券会社の上司に、1日にオ○ニーは何回するか?と問われるシーンがあります。そこでその上司はたしか5回くらいはすると言いなぜかと言うと、頭をリフレッシュするためにそれだけすると言います。そして常に薬でハイになり、それだけ仕事にのめりこむとの事。こんな生き方してみたいとまでは思えないのですが、ここまでフルスロットルに人生を生きていく主人公の姿はなんとも憧れを抱いてしまいます!また欲望の映画ならではでヌードの女性が多数存在するので、できれば一人で見たほうがよいです!
金、ドラッグ、女と欲望のまま生きるとはこういうことだと言わんばかりの映画です!

カジノ

作品名:カジノ
監督: マーティン・スコセッシ
出演者: ロバート・デ・ニーロシャロン・ストーンジョー・ペシ

映画の世界なんですが、同じ人間でこうも違う人種がいるんだと思ってしまいます。
なんとなくリアルっぽさが感じられるシーンがあって、例えばこの映画だと主人公の相棒役の背の小さな男がボディガードとしてつくのですが、喧嘩を売られた相手には、相手をとことん懲らしめるというシーンがあります。
相手が自分より強ければ、こちらは武器で対抗して、相手が武器を出すとこちらは銃で撃ち殺す。
また相手にナイフを突き刺して、戦意喪失しててもとことんメッタ刺しにするといった狂気のようなシーンもあります。
わざわざこういうシーンを入れているのが好きなんですね
また、他の記事では下品だとして酷評されていますが、ロバート・デ・ニーロの着るスーツが見どころですね!
僕が映画で重要視するのは、知らない世界やモノを見るためなんですけど、こんなスーツあるんだと面白い見どころと思って見ています!

スラムドッグ$ミリオネア

作品名:スラムドッグ$ミリオネア
監督: ダニー・ボイル
出演者: デーヴ・パテール
予告動画Youtube
団地育ちの僕としては、このスラムと言うキーワードに何故か吸い寄せられてしまい見た映画です!
なんといってもストーリー展開が抜群に面白いです!
スラム街で孤児として育った兄弟が、生きるために必死に社会にしがみついていくんですが、そのなかでも見どころが兄弟の絆です。自分たちの生活水準をあげるために、ギャングの世界に飛び込む兄(画像の人)がいい役割を担うんですねー
人生のしょっぱなで、将来生きる道を決める決断力が本当にしびれますね。この映画はこの兄の存在あって引き立つ映画だと思います。映画の最後にはインド映画ならではの全員で踊る様子が撮影されていて、これもまた踊りが新鮮で楽しみの一つでしょう。

プラダを着た悪魔

作品名:プラダを着た悪魔
監督: デヴィッド・フランケル
出演者: メリル・ストリープアン・ハサウェイ
予告動画Youtube

僕はこういう映画を見て、女の人って大変だなーって思います。女性に生まれてきたらこんなに気を使うことがあって大変なんだと思ってしまいました。
長年腹がでっぱなしの僕からみたら、過酷な労働環境でストレス発散で好きなものをたらふく食べることができないのは生きる活力を失ってしまいます。
が、この主人公はめちゃくちゃタフです。もともとそこまでストイックな感じではなかった主人公でしたが、この雑誌の業界にはってど根性で自分を変えていきます
かっこいいですね。こういうの見ると。自分も変わることができる!って思いたいとき見るとよいですね♪

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

作品名:キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
監督: スティーヴン・スピルバーグ
出演者: レオナルド・ディカプリオトム・ハンクス
予告動画Youtube

またディカプリオですが、この人は野生的な主人公とかそういう役が多いんでしょうか?好きな映画が多いです。
これも面白いですね!天才詐欺師の主人公で、パイロットや、医者に化けて、女性を虜にしていく話なんですが、実話らしいですね
今の時代にこんな天才詐欺師って出てくるんでしょうか?
昔だったから成立したのかと思いますが、どんな難問にも突破口はあると見せつけられる映画ですね。

ソーシャル・ネットワーク

作品名:ソーシャル・ネットワーク
監督: デヴィッド・フィンチャー
出演者: ジェシー・アイゼンバーグ
予告動画Youtube

この映画は映画館まで見に行ったのですが、その後レンタルしたり動画サービスでも何回も見ました。それくらいハマりおもしろかったです。何より成り上がるスピードが早すぎて、見ていて爽快です。実際にフェイスブックがこんなアイディアから生まれたのかと思うとワクワクします。何より主人公の演技がなんともしっくりしていています。頭に浮かぶ言葉が多すぎて口が追いつかないくらい早口になってしまったり、頭の回転が早すぎて周りがついていけなくなったり。これだけさっくさっく展開していく映画もなかなかないので良くできてるなーと関心しました。

最後に

いかがでしたでしょうか、見たことがない映画があったら是非見てみてください♪僕と趣味が同じなら他の映画もきっとおもしろいと感じてくれるかもしれません。昔から僕にとって映画をみている時はなんとも至福の時でした。こんなに心をワクワクさせてくれるのですから最高ですね。昔はよくツタヤやゲオに通っていたのですが、今はもっぱらインターネットの動画配信サービスを利用しています。月額費もさほど変わらないですし、複数サービスに契約してこうやってブログを書いている間も常に何かしらの映画を流しぱなしです。贅沢ですね。なので前より見方がシビアになってきて少しでも退屈な映画はすぐとめて次々と違う映画をみるようにしています。どれを見ても見放題なので、いままで決して見ようと思わなかったジャンルも見てみると案外おもしろかったという発見がありますのでまだまだ楽しみがいっぱいです。
今人気なサービスをまとめてみました。中には最初の一ヶ月は無料というのもあるので、まず全部契約してみて気にいったらなら継続していくようにすればよいと思います。ちなみに僕は最初の無料期間だけと思っていたら、この見放題サービスにドハマリしてしまい複数の動画サービスを解約できなるくらいハマってしまいました。(笑)だって数千円でこれだけ充実感が味わえるのでかなりリーズナブルですよね。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中
↑これ2週間無料なのでオススメです