30代男性の習い事のオススメ~女性との出会いもあり友達も増える習い事で自分磨きを始めよう~

2019年5月6日

子供の頃に親に習い事をさせられて嫌ですぐ辞めてしまったという経験はあるかと思いますが、大人になってからは習い事ってとても貴重な体験をさせてもらってたんだなぁと、はじめて価値に気づくかと思います。

私も気がつけばもう30歳で自分の習い事よりこれから成長する子供の習い事を考えなければいけなくなった歳になりました。
学生時代あまり勉強しなかった反動なのか社会人となってから勉強する楽しみを知り習い事で人生を面白くできることに気づきました。
そして改めて30代となった今、新たな習い事についてどういうものがあるか調べてまとめてみましたのでよろしければご参考ください。

習い事の目的

今の時代インターネットで情報が溢れているので、何をやるにも独学で情報を集めることが容易かとおもいます。
ブログやユーチューブを見れば、様々な人がそれぞれのジャンルについて詳しく情報を開示されています。
ただそれらを見て独学してもよいですが、習い事をする理由は別にあったりします。

順序や準備を自分で調べなくてもよい

習い事では、結果が出るまでの工程を最も効率良く最短のルートで組まれているため、無駄な時間を使う必要がない安心感があります。
独学で行うと学びに必要な準備も1から調べる必要があり、これらを全て自分の判断で行ってしまうと道具なんかは粗悪品に手を出してしまい結果的にお金も時間も無駄にしたという事は少なくありません。

自分で調べることも楽しみに一つとして捉えられる方ならそれでもよいかもしれませんが、こういった事に時間を使ってしまい、モチベーションが下がり結果的に習い事を十分に楽しめないということになってしまったら本末転倒です。

出会いがある

習い事の中にもワンツーマンで行うものから、実際に現地に通いグループで行う習い事もあります。そして複数人のグループ毎に教室のような方式で行われている習い事では必ず人との出会いがあります。

習い事のような同じ目的を持って知り合った人であれば、自然と共通の話題ができてしまうので会話はスムーズに行うことができるでしょう。
またそれも習い事の期間が長い程、情が出てくることもありますし、習い事が難しいほど、同じ体験した人との話題も大切に感じて絆も深くなることでしょう。
社会人となると自ら行動しないと、人間関係は薄れていき気がつけば人付き合いがなくなってしまうこともあります。

学生のように理由もないのに、会えるような友人ともタイミングが合わず会う機会が少なくなってしまうので、習い事のような共通の話題がある人同士の集まりというのはとても貴重だと思います。自ら新しい人との出会い目的で習い事に挑戦するのも良いと思います。

正解を確かめてくれる人がいない

独学でやるのは一見簡単にできそうに見えますが、いざやってみると何かうまく行かなくなる箇所がでてきます。一つうまく行かなくなると何が間違っていて、何があってるいるのかが自分では判断が出来なくなってしまう事もあります。
こういう事が続くと、こんな感じでいいのかなーと疑心暗鬼になりながら、続けることとなり学んでいる内容を楽しめないようになってくることがあります。
しかし、身近に教えてくれる人がいると常にはみ出さないように、正しい道に導いてくれます。
そしてその都度不安を解消できるので、学んでいる内容に集中できます。

役に立ちそうな習い事

習い事といっても、目的によって様々なものがあります。
その中でも役に立ちそうな習い事といえば資格を取得できるものや、手に技術をつける事ができ、仕事につながるような習い事でしょう。

英会話

代表的な習い事の一つかと思います。英会話なんて最近の翻訳機能があれば全然問題ないんじゃないかと思うかもしれませんが、自ら話すのと、タイムラグがある機械を通すのとでは全然違います。
ただ要件だけ伝え合うようなやりとりには、確かに自分で話す必要はないかもしれません。しかしながら本当に人と人とのコミュニケーションを取ろうと思えばやはり自分で英語を話せた方が断然良いでしょう。

私は海外に旅行に行った際に、簡単な英語もできないことでとても後悔してしまいました。結婚旅行でハワイに行ったのですが、ホテルのフロントに日本人スタッフが一人しかいなかった為、ソファーに汚れがあったことを伝える為にかなり待たされて、イルカと触れ合うアクテビティを予約する電話でかなり苦労したりしました。
また何かアクティビティの現地の方が待ち時間に、話しかけてくれたのにこちらは全く話す事もできず、簡単な英単語すら全然出てきませんでした。

このような体験をしてから、なんとなく海外に行くのが億劫になってしまいました。海外旅行は楽しそうでとても興味があるのですが、そういった苦労した経験をすると、次回行くときは最低限英会話できるようになっておきたい思うようになりました。
英語ができればもっと海外旅行を楽しめるだろうなぁと思いました。

中国語教室

中国といえば日本からも安く行くことができて、旅行でもかなり馴染みが多い国です。
ただ旅行に行くだけなら、日本人観光客を相手にしている中国では、わざわざ中国語が話せた方が良かったと思う場面は少ないかと思います。
むしろお店側のスタッフが日本語で話しかけてくれることが多いため、旅行でのコミュニケーションに困ることはあまりないでしょう。

その為、私ならビジネスの為に中国語を学びたいと思いました。
日本で売られている商品のほとんどが中国の工場で作られていることが多いので個人でも工場で簡単にオリジナル製品を生産することができるようです。
そこで通訳をつけてもいいのですが、中国語ができると細かい要件や、コミュニケーションも円滑に進められそうなので、より幅が広がるのではないかと思います。
そして来日中国人向けのビジネスにも活用できるでしょう。
中国人向けのサービスなど、日本で出来れば新たなビジネスチャンスがあるのではと思います。

ホームページ制作

創作意欲の強い方や、何か自分で作ってみたいと思っている方ならホームページ制作は最も初心者向けで出来ることも多いので楽しいです。
今の時代簡単に作れるようなサービスも沢山ありますが、作る技術を基本から学んでいると出来ることもかなり多くなります。

私もまずはじめにホームページ制作を習いました。独学でやり始めたのですが、毎回どこかで躓いてしまってモチベーションが保てずにいました。
しかし、習い事のように体系的なプログラムとして習うとモチベーションが保てて、分かりやすいゴールが提示されていることにより、独学の時よりサクサク進めることができました

独学では勉強ペースや、小さな到達点などを自分で設定する必要がありどこで区切ればいいのかがあまり判断できませんで、そういった点でも習い事をするメリットはあるでしょう。

プログラミング

私も経験した事もあるのですが、最もオススメするのがプログラミングです。プログラミングを学ぶと必ず論理的思考法を自然と身につけることができます。
プログラミングでシステムを作っていると必ずエラーになる場面がでてきます。
エラーを解決する為には、エラーになるまでに行った作業を見直していきます。この際に煩雑に調査していては何が原因なのかいつまでも分からなくなってしまいます。

論理的に解決すると、順序立てて原因となる要素を潰していくので問題解決までのスピードが早いです。そしてプログラマーではこういった作業を何度も何度も繰り返して常に証拠を残しながら作業を行い、問題が起これば作業の証拠を元に問題を解決していきます。
プログラミングを学んでいくと、こういった作業が習慣となるので、どんな仕事も効率良く行う力がつきます。
これからの時代、ますます大量の情報を整理する力が必要とされるのでプログラミングで学べる技術は必ず役に立つでしょう。

手に職をつけてプログラミング業界に挑戦する記事はこちら
→ 【辛めに解説】30代男性のIT業界プログラミングは遅いか!正直仕事は大変ですよ

楽しめる習い事

一眼レフカメラ

私もいつか欲しいと思っているのが一眼レフカメラです。
少し前に子供を撮影するためにデジタル一眼レフカメラを購入してから、最近のカメラで撮影できる綺麗さを実感しました。家族用の写真を撮るにはデジタル一眼レフカメラでも十分それらしい写真は撮れるのですが、シャッタースピードがやはりまだ微妙に遅く感じてしまい、狙った瞬間を一瞬で切り取ることはできませんでした。

一眼レフカメラのよう望遠レンズがあると、ポートレート写真と呼ばれるような、背景がぼやけていて被写体が鮮明に写つるような写真を撮れるため、それだけでもプロっぽい写真が撮れます。
ですが、すごい写真はまだまだあって、シャッタースピードを調節して動いているものに影がのびているように撮影できたり、滝を幻想的に撮影できたり、夜景の色をとても鮮やかに撮影できたりと心揺さぶられるような凄い写真が沢山あります。

ギター演奏

音楽が好きなら一度はギターを手にとった事があるのではないでしょうか?私の場合学生の頃にコピーバンドを組んでいました。
中学生の頃に家にあった父親のギターを弾いてみたことが始まりでした。同時に洋楽にハマり、DeepPurpleやQueenを良く聴いていました。DeepPurpleのスモークオンザウォーターの前奏なんかは簡単に弾くことができるので、すぐに弾けて喜んでいたのを覚えています。

始めはアコースティックギターから始め、中古のエレキギターを購入してアンプとつなげ速弾きを練習していました。
一通り数字のついたコピー用の楽譜をみて演奏することはできるようになりましたが、本格的にコード進行などを理解することはできませんでしたが、コード進行の基礎などを覚えると、ギターソロを自分で考えたり曲を作ったりできたんだろうなっと後悔して気持ちがあります。特にブルース演奏なんかは、基礎を覚えると即興でセッションなどできるようなので、とても楽しそうです。

料理

料理といっても様々なジャンルの料理があり、それぞれ実際に作ってみると奥が深いと考えさせられます。ワンルームに住んでいた時はキッチンが電気コンロだったので、簡単な炒めものくらいしか作れなかったのですが、結婚してマイホームを持ってからは三ツ口コンロのそれなりに広いキッチンになったので、料理をやりたくなりました。
私が面白いと思ったのが、カレーです。カレーはいくつかのスパイスをあわせたり、甘くするために桃の缶詰をいれてみたりと、様々な組み合わせで色んな種類を作ることができます。特に難しかったのが火加減と分量です。

これらを微妙に間違うと甘さが引き立たなかったり、苦味がでたり、しょっぱくなったりと、かなり繊細な調整が必要と感じました。
だからこそ奥が深く面白みを感じました。またフランス料理なんかも面白そうだなぁと思います。肉料理でも、最近では低音調理器といった機材もあり、素材の最高の状態を引き出す料理ができるようになっています。
どんな素材でも美味しい料理に変える技術があれば毎日料理するのが楽しくなりそうですね。

中型バイク・大型バイク免許

天気の良い日に峠や海沿いを風を切って走るバイクに乗るのは一度は憧れるような趣味ではないでしょうか。
自分だけのマシンにまたがり重い車体を体の傾きと右手のアクセルで操作する快感はなんともいえない爽快感と充実感があるかと思います。

映画の主人公がかっこよくバイクを乗りこなす姿を脳裏にあり、自分もバイクに乗ると高揚感が高まることでしょう。
私が憧れるのが、ツーリングしながらキャンプしながら釣りをしたり楽しめたらなと思います。好きな土地に気軽に行けて、テント張ってキャンプしたりと本当に楽しそうです。

体を動かす習い事

ダンス

体を動かす習い事は健康的でかなりオススメです。ダンスは学校の授業に組まれるほど人気が高いので、若い世代の人には当たり前のようになるかもしれません。
なんといっても踊っていてとても楽しそうなので、あんな風に体を動かして踊れると楽しいだろうなと羨ましい気分になります。

テニス

学生時代には全く興味がなかったのですが、大人になってから健康の事を考えて何かスポーツをしたいなぁと思いついたのがテニスでした。
なぜテニスかというと、色々なスポーツを消去法で考えていった時、テニスなら初心者でも取り組みやすいスポーツであると思ったからです。
他に人気なスポーツといえば、フットサル、草野球、バスケなどありましたがグループでやるスポーツで、あまり自分に出番がなさそうだなと感じてしまったからです。

しかしテニスなら絶対自分が参加しないと成立しないので、それだけやりがいがあります。
またテニスは子供、女性、高齢者まで幅広い年代の人が行っているので、一度覚えれば歳をとってもずっと遊べると思いました。

実際に私は20代の後半くらいからはじめてみました。最初は見た目より思うように打ち返すことができなくて案外難しいんだなぁという感想でした。
しかししばらくして慣れてくると、ラケットの中心でボールを捉えることが出来るようになったので、爽快な打球音でボールを打ち返すことができるようになりました。
これがとても気持ちがよく、ストレスを解消してくれました。

ゴルフ

私はゴルフという接待でおじさんがやるようなスポーツだと思っていましたが、最近では若い人や女性でもゴルフをやるようで案外面白いスポーツだと知りました。
たまたま引っ越した家の隣が打ちっ放し場だったので、てっとり早く体動かせていいんじゃないかと思ったのがきっかけでした。

ゴルフならこれから歳を取っても続けれれますしこれから出会う人からゴルフを誘われたら、迷うことなく一緒に行くことができます。
これからの人付き合いでゴルフができなくて友達ができなかったりするかもしれません
全くやったことはないでは、話にも入れないと思いますのでせめて少しくらいはやってみるのもよいでしょう。

ボルダリング

少し前から一気に流行りだしたのがボルダリングでしょう。なんといっても天候に左右されずに室内でできるのが魅力的であります。
壁に無数の岩のようなモノが配置されていて、登る順序や到達先などが決めれてこなしていくのでその都度登った時の感動があるようです。

また一回あたり数千円程度で楽しめるようなので、カラオケや映画に行くように気軽に楽しめます。子供の頃に帰ったように本能の赴くままに壁を登るのはとても楽しそうです。

バク転

意外に流行っているのがバク転を習得する習い事です。
子供の頃に憧れていたバク転を大人になってから挑戦してみるものです。子供の頃に運動神経の良い同級生や体操を習っている同級生が、バク転やバク宙をしていたのを見て羨ましく思っていた経験はあるのでしょうか。私もこれの気持ちがとても良くわかります。子供の頃運動神経があまり良い方ではなかったので、特にバク転のようなアクロバティックな動きはとても憧れを持っていました。

大人がバク転をする理由の一つとして、子供にかっこいい父親の姿を見せたいという思いがあるようです。
私にもまだ小さい子供がいるのですが、大きくなるまでに子供にかっこいいと思ってもらえるような父親になりたいと思うので、挑戦してみるのもありかと思います。
大人になると、頭がよくなってしまう反面、自己防衛本能がよく働くのでバク転のような危ない動きには特に抵抗がありそうなので、本当にできるのか不安ですが、専門のコーチがわかりやすく教えてくれるようなので、安心して習うことができそうです。

変わった習い事

ボイストレーニング(ボイトレ)

カラオケに良く行く人なら、もっと歌がうまくなりたいと思っている人は少なくないと思います。
今ではヒトカラといって一人でカラオケに行くような遊びも流行っているくらいなので、歌をうまく歌えたら更に楽しくなると思っていることでしょう。
実際に私も何年もたまにカラオケに行ったり、ドライブ中に歌を歌ったりしていますが、すごくうまくなったりはしません。

毎日カラオケに行ってた学生時代の時であれば、うまくなった実感はあったのですが、プロのように歌ってみたいと憧れを持ってしまいます。
ボイストレーニングでは専門の講師が、人それぞれにあった発生法を教えてもらえるみたいなので、自分にあった歌い方を教えてもらいたいですね。

和太鼓

和太鼓というと保育園の頃にした経験がありますが、それ以来叩く機会はあまりありませんでした。
たまにイベントなので和太鼓の演奏を目にすることがありますが、内臓まで響いてくるようなドンっという音はなんともいえない感覚になります。

そんな和太鼓ですが、大人になってから叩いてみるとまた違った気分になるとおもいます。
木のバチで和太鼓を叩くとストレス発散にもなりそうですね。日本伝統の楽器を趣味にするなんてかっこいいと思います。

占い

女性に限らず、男性でも意外に占いが好きな人は多いのではないでしょうか?私も毎朝やっている星占いはなぜか聞き耳を立てて自分の星座の運勢を気にしてしまいます。
また実際に占い師に占ってもらうと、なぜか信じてしまい感謝してしまうのが占いではないでしょうか?そんな占いを自分で出来るようになりたいと思った方は少なくないと思います。

占いといっても、性別占い、タロット占いなど様々な占いがあり、飲み会などで占いが出来るというと人気者になれるでしょう。

マジック

マジックってお店で売っているようなものはいかにもマジックの製品のようですが、いつでもどこでも出来るようなマジックをしてみたいと思ったことはありませんか。
例えば有名なのがスプーンまげです。少し前に実際にスプーン曲げをしている人に披露してもらい、見ることができましたが、周りにかなりの人を集めてその方は大人気でした。

本当にどの角度から見てもタネが分かるような事はなく、テクニックで出来るとの事でした。
実際に動画を見るだけでもマジックを習得できるようなのですが、せっかくなら教えてもらいたいですね。代表的なマジックのアイテムといえばトランプですが、トランプも使いこなしたらとてもかっこいいですね。

催眠術

催眠術というとテレビの企画で作り出された大掛かりのヤラセだと思っているかたは多いのではないでしょうか。
催眠術のことを調べてみると、どうやらかかりやすい人と、全くかからない人に分かれるそうでした。そして何より、催眠術にかかりたいと思っている人ほどかかってしまう傾向にあるようです。純粋に楽しみたいと思っている人は催眠術にかかるのではないかと思います。

そんな催眠術ですが、どうやら習うことができるようです。特技で催眠術ができるというとみんな喜んでかかってくれそうですね。

習い毎で友達を作る方法やきっかけ作りやコツ

せっかく習い事に通い新しい人と出会うきっかけが出来たのなら、友達を作りたいものですよね。特に30代ともなると周りと都合が合わず価値観の変化で今までの友達と付き合いがなくなってしまっている方もいるかと思います。特に地元から離れて就職してしまった人であれば尚更そういう状況になっているでしょう。
実際に私も習い事に行っていた際に、行こうと思った理由の一つが新しい友だち作りが目的でした。

後になって思った事なのですが、習い事を始めるような人と出会ってみると、自分と同じような境遇や価値観が似ている人が案外多かったりします。
私が習い事で出会った人は、すごいアクティブな人ばかりでした。一つの習い事だけではなくて、気になることは何でも挑戦したり、常にワクワクしているような人生を送っていらっしゃいました。そういう人と話していると、刺激を受けて自分もポジティブになれることが多かったです。

きっかけ作りやコツ

複数人で習うような習い事には出会いがある事はあるのですが、話しかけるタイミングがつかめなかったり照れくさく緊張してしまう事があります。そのため、一緒に受講している人がいても話さなかったということになる可能性があります。
控えめで緊張しがちな性格な人ならそういう経験はあるのではないでしょうか。

しかしながら、せっかくなのでここは自分からきっかけを作ってみることに挑戦してみましょう。
話しかけてみてあまり反応が良くなかったのなら、相手も緊張しているか、答えにくいような話題を振ってしまってる可能性があります。
なので、話しかけるときは回答しやすい当たり前のような話題から振ってみるのがよいでしょう。

どうやって習い事を見つけたかや、この習い事についての役に立つ情報などを提供するとあっちから質問を返してもらい会話が乗り始めることが多いです。
同じ習い事で、誰もが躓きそうな事を話題にしてみたりと、誰か一人が話し出すと周りも乗ってくるかもしれません。気さくそうな人がいたら話が盛り上がり、他の人も会話に入ってくることもあるので、とにかく些細な事でも声を出して話してみるのがよいでしょう。

習い毎の探し方

地元特化サイトで探す

『ジモティ』という地元に特化したサイトなのですが、覗いてみるともしかしたら近所で習い事の教室を開いている人がいるかもしれません。個人でやっている事が多く、人によってはかなりリーズナブルな価格で教室を開いている人もいるかもしれません。私も新しい土地に引っ越してきて、近所に友達が欲しい際によくこのサイトを利用させてもらっています。

オフ会やサークルなんかもあるので、例えばテニスのようにはじめは教室に通ってから、こういうサイトで初心者サークルで仲間を見つけるという使い方をする人も多いようで、私もその一人です。習い事をして、それっきりで終わりではなくてその後もその習い事を活かすためにも続けられる予定を立てるのもよいでしょう。

もし見つからなかったら習い事で習った技術や経験を活かして、サークルや教室も開いてみるのもよいでしょう。あらかじめ先の予定を立てておくと、ただ習って終わりだけではなくモチベーションもあがることでしょう。

資料請求ができるサイトで探す

『ケイコとマナブ』って聞いたことがあると思いますが、サイトを覗いてみるとかなりの数の習い事が探せるようでした。
習い毎というとどうやって始めるのかや、どこでやってるのかとか色々分からないことが多くて、ネットで見ていても途中でモチベーションが折れてしまうことがあります。
たまに入っているチラシやパンフレットのように分かりやすく手に取れる資料があれば、イメージがわくこともあるでしょう。

また体験教室なんかはよいかもしれません。本当に続けていけるか不安と思っている人は多いでしょう。
実際に高額な月謝を払ってから行ってみて失敗したと思いたくありません。
なんとなく雰囲気が合わないなどの、理由も出てくるかもしれませんので、是非体験教室なんかがあれば積極的に参加してみるのをおすすめします。

実際に今まで体験した習い事

いかがでしたでしょうか? 私も30代になるまでに何回か習い事をしていました。
今では技術を身につけたプログラミングはその中でも一番役に立ったものでした。
変わったものですと、蒔絵という伝統工芸の習い事に通ったこともありました。東京の青山という閑静な住宅街のマンションの一室で行われていましたが、受講されている人数は多くてとても人気が高かったです。